サプリメントの必要性

サプリメントは、日常生活の中で充分に必要な栄養が取れているならば必要ありません。
しかし現状では、充分な栄養が取れていなくて、「食生活の問題」や「生活習慣の問題」をほとんどの人が持っています。
普段食べている食品は、農薬使用や加熱・加工した食品の多さで栄養素が半減しているのです。
また肉食中心の人が多く、そういった食生活で栄養価の不足を招いています。
例えば、一日あたりのビタミンCの必要摂取量は50㎎と言われていますが、それを200㎎まで増やすべきだという声もありますが、
その量を通常の食事の野菜で補うのは不可能です。
また、現代社会では日常的な睡眠不足や運動不足や喫煙や飲酒、仕事などによるストレスで体にかなりの負担がかかっています。
以上のような問題から、サプリメントは必要なのが分かると思います。
ただ、「食生活の問題」や「生活習慣の問題」を正しくする事を考えないでサプリメントを取っていればいいというものではありません。
悪い食生活や生活習慣をずっと続けていけば、いくらサプリメントでも補う事は出来ません。
まずは食生活や生活習慣を正しくした上で、足りないものを補うのにはサプリメントは必要だと言えます。
そうすればサプリメントの効果も現れやすいでしょう。