薄毛で自信がなくなった友人が浮気調査を依頼

薄毛で悩んで自信がなくなって浮気調査依頼した友人と昨日飲んできました。
12月に入って忘年会シーズンってのもあると思うんだけど、去年と比べて妻が頻繁に忘年会に参加しているらしいんです。いつもと違うようなおしゃれな服装をしていくからますます怪しいって言っていました。

とはいえ浮気調査の依頼を出すのはやりすぎだとうと思ったのですが、話を詳しく聞いていると薄毛が原因で自分に対する自信がなくなっていると。

だから不安で不安で仕方がなくて妻の浮気調査をしたらしいです。
やはりハゲをそのまま放置していたらいけないなと感じました。

ハゲは自信を喪失させます。そして全ての行動が奥手になり、積極性がかけます。
お洒落にもあまり興味がなくなりますし、これっていけないと思うんです。

まぁ私は幸い発毛と育毛が趣味なのでかなりボジティブに生きていますが、育毛に対して諦めている人はどうしてもネガティブになってしまいますよね。

なので絶対に薄毛が進行しているからと言って諦めないで欲しいです。
今は恵まれていて良い育毛剤や良い育毛治療が沢山あります。

もちろんそれなりにコストがかかるものもあるのでどのようにコストを抑えて育毛対策していくかが重要なのですが、工夫すればいくらでもコストを抑えて育毛対策をすることは可能です。

薄毛が進んで来たらいち早く対策すれば自身も喪失しないで済むでしょう。
私の友人にも育毛の重要性を強く語っておきました。

でも今は浮気調査の結果が気になってそれどころではないという返事が・・・・
そういう時こそ行動しないといけないんですけどね。

男性型脱毛症について理解を深めよう

日本人の男性のおよそ9割が男性型脱毛症だと言われています。

最近話題のAGAの日本語訳です。
ハゲの原因が男性だとほとんど同じだということは注目すべきことですよね。

とはいえみなさんこんな言葉聞いたことありませんか?
そうハゲは遺伝によるものだと・・・・

確かにハゲは遺伝しますね。でも詳しく説明すると男性型脱毛症になりやすい体質を遺伝していると読み替えることが出来ます。

男性型脱毛症はテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことによりジヒドロテストステロン(DHT)という強い男性ホルモンを生成することになります。

このジヒドロテストステロン(DHT)を生成しやすい体質というのが遺伝しているんです。
何が言いたいかというとハゲは遺伝するから対策がないと思わないで欲しいんです。

遺伝というと避けられない運命みたいなイメージが湧いてきますが、ハゲに関しては遺伝ということばが当てはまった場合でも十分に治療・改善が可能です。

ポイントはジヒドロテストステロン(DHT)が生成されないようにすればよいんですね。
ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されると髪の毛のサイクルが乱され。髪の毛の成長する期間が正常な状態と比べて極端に短くなります。

その結果髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ち、薄毛が進行するんですね。
なのでジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制すれば抜け毛は減り健康な髪の毛が生えてくるんです。

なので例え遺伝でジヒドロテストステロン(DHT)が生成しやすい体質だとしても育毛剤やAGAクリニックに通い治療することでハゲは克服することが出来るんです。

ちょっと昔前までは育毛ってなんか気休め程度のものだったのが最近では顕著に効果が出るようになっています。科学技術の進歩って凄いですね。本当に。

 

薄毛が進行して自毛植毛を決意

私の友人で昔はとてもかっこ良かったのですが、薄毛が進行するにつれてだんだんダサくなってきた人がいます。

超イケメンだった過去が薄毛せいで面影さえも残っていません。

そこでその友人は思い切って薄毛を治すことに決めたんです。
それもイングランドのサッカー選手、ルーニー選手が利用した自毛植毛術をすることを。

やはり髪の毛の退化は自信の退化だと言っていました。
なるほど確かにそういう側面はありますよね。

人間は内面が大切だという言葉を耳にします。確かにそうですね。内面が伴わない人って魅力が無いです。でも外面もしっかりとしていないひとも魅力は感じます。

はい。正解は内面も外面もしっかりとしているひとが一番なんですね。
内面は外面に表れますし、外面も内面に通じるのです。

外見的な部分に関してストレスやコンプレックスを抱いているのならそれは取り除いた方が良いでしょうね。

どんな訳で友人は自毛植毛することを決意したんですが、費用がめちゃくちゃ高いんですってね。まぁ最先端の技術ですからお金はかかるでしょう。

それでもってお金が必要だったのでオリックス銀行のカードローンを作って自毛植毛の費用にあてたそうです。オリックス銀行カードローンは銀行系のカードローンで金利も安いので助かったと友人は言っていました。

銀行系でもなぜオリックスかというとオリックス銀行の公式サイトが決め手となったようです。

このような有意義なことにお金を投資するのなら借金をしても良いですよね。
目的のある借金は全然OKだと思います。

浪費に使うための借金は論外ですけどね。

それで自毛植毛を経てまた彼は自信を取り戻したようです。